【ベトナム出入国審査事情】待ち時間が長いのはなぜ?所要時間・提示書類・優先レーンなど知っておいてほしいこと(ホーチミン・タンソンニャット空港編)

ベトナムの出入国審査事情(待ち所要時間・提示書類・優先レーン)
HORIMI

シンチャオ〜!ベトナム在住ブロガーのHORIMIです。

ベトナム帯同中の私はベトナムで出入国を何度も経験していますが、その度に「ベトナムの入国審査って特殊だな〜」とつくづく感じます・・・!

今回の記事では、ベトナム・ホーチミンの『タンソンニャット空港』にて出入国手続きを何度も経験した筆者が、

「ベトナムの出入国審査事情」についてお話ししていきます!

ベトナム主要国際空港の出入国審査は、長蛇の列ができるほど混雑することで有名です。
実際に、筆者もその通りだと実感しています、、、!

「ベトナムの出入国審査では、なぜこんなに待たされるの??」
と、誰しもが疑問やイライラを抱いてしまうはず、、、。

本記事では、筆者が実体験を通じて分かった「ベトナムの出入国審査事情」をシェアしていますので、

“ベトナム入国時のストレス”を少しでも解消する手助けになれたら幸いです!

記事内に広告・プロモーションを含みます。

以下の内容は、ホーチミン・タンソンニャット空港での筆者の体験に基づきます。

目次

ベトナム出入国審査事情:所要時間について

出入国審査の待ち時間は世界最長?!

ベトナムの出入国審査場は、時期と時間帯によりますが、長蛇の列が発生してしまう傾向にあります。

これまでの筆者の実体験では、審査場での待機時間は最長で約1時間(主に日中到着時)、最短で30分ほど(主に深夜到着時)を要しました、、、!

また、これまで44ヶ国を旅してきた筆者の夫も、自身の経験から、
「ベトナムの出入国審査は、世界一長く待たされる」と言っています。

ベトナムの出入国審査は、なぜそんなに時間がかかるのか・・・
筆者なりに観察・リサーチをした結果、理由は3つあることが分かりました!

“入国審査の待ち時間が長い”その3つの理由について、一つずつ解説していきます。

出入国審査に時間がかかる理由①ベトナム国民も外国人も同じレーンに並ぶから

日本、そして、おそらく世界各国の出入国審査の多くは、自国民と外国人とを分けて、別々の出入国レーンでの「分離審査」を行なっています。

(実際に、日本の主要空港での出入国審査では、日本人と外国人でレーンを分けて出入国審査を行っています。)

一方、ベトナムの出入国審査では、ベトナム国民と外国人とで分けることもなく、全ての人が稼働しているレーンへランダムに並んでいくスタイルです。

ベトナムの出入国審査場【ホーチミン ・タンソンニャット国際空港】
ベトナムの出入国審査場【ホーチミン ・タンソンニャット国際空港】

結果、こんなに長い行列ができてしまう事態に(ノД`)

審査方法・所要時間が異なる人たちが、同じ審査カウンターで一斉にチェックを受けるというのは、どうしても効率が悪くなってしまいます。

対応する審査官側もかなり大変なんじゃないかと、、、!

出入国審査に時間がかかる理由②全てマンパワーで捌いているから

日本でも、2019年から、日本人や一部の外国人が利用できる「自動化ゲート(出入国審査を自動化するシステム)」も導入され、審査場の混雑緩和への取り組みが行われています。

しかし、現状のベトナムの出入国審査は、審査官がいるカウンターで審査を行う「有人審査」が原則。

テクノロジーを利用した無人の自動化ゲートはなく、全て有人で対応しています。

それに、全ての審査カウンターが常時稼働しているわけではなく、

その日その時に出勤している審査官の人数分だけ審査カウンターがオープンとなる仕組みとなっています。

審査カウンターは審査官の準備ができ次第、左から右へ順々にオープンしていくケースが多いです。

なので、一番右側のレーンに並ぶ方が、途中で新たに審査カウンターがオープンした時に、そちらへすぐ移動できて、待ち時間を短縮できることがあります!(確約ではありませんが、試す価値はアリ)

出入国審査に時間がかかる理由③外国人の多くがビザ有り入国だから

2013年時点、ベトナムへの観光入国においてビザが免除される国々は、たったの13ヶ国。

(※ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、イギリス、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ロシア、ベラルーシ、日本、韓国の以上13ヶ国の国民に限り、ビザ無しでベトナム入国&45日間滞在ができます。)

つまりは、海外から来る大半の外国人出入国者が、査証確認の対象となるわけです。

当然ながら、すんなりビザ無し(ノービザ)で出入国できる人よりも、
ビザ有りで出入国する人の方が、審査官が質問・確認する事項は多くなり時間を要してしまいます、、、!

HORIMI

以上3つの理由から、ベトナムの出入国審査場は混雑が絶えないないというわけ!

ベトナムの出入国審査でも自動ゲートの導入が検討されているようなので、今後のアップデート次第では状況が改善するやもしれません、、、!

ベトナム出入国審査事情:提示書類について

続いては、ベトナムの出入国審査時に手間取らないように、審査カウンターで提示すべき書類についてご紹介していきます!

少しでも時間の節約となるよう、審査書類はすぐに出せる状態で待機しておきましょう〜!

パスポート

ベトナムの出入国では、渡航日から6か月以上の有効期限を残したパスポート」が必要となります!

(※ビザ申請時にも、有効期限6か月以上を残したパスポートが必要となる点ご注意ください!)

ベトナムに1年以上滞在する方で、後述するTRC(レジデンスカード=一時在留許可証)の申請or更新の期間中は、パスポートをベトナム当局に預けなければいけません!

つまり、その間は、パスポートが手元になく使用できない状況となるため、出国や国内外への観光・出張ができなくなります、、、ご注意ください!

ビザ(査証)

ノービザ

以下の要件に当てはまる場合、ビザ無し(ノービザ)で入国できます!

ノービザ
  • ビザ免除措置の対象となる13ヶ国の国民であること
  • ベトナムでの滞在期間が45日以内であること
  • パスポートの有効期限が6か月以上あること
  • ベトナムの法令の規定により入国禁止措置の対象となっていないこと

    引用元:在ベトナム日本国大使館「ベトナム出入国情報」

\2023年8月15日から、ノービザでベトナムに滞在できる期間が15日→45日間へ延長されました!/

業務・就労・観光等のビザ

仕事であれ、観光であれ、45日間を超えてベトナム滞在を予定する方は、各自目的に該当するビザの取得&入国時の提示が必須となります!(ベトナムのビザは20種類ほどあります)

ビザは、在日ベトナム大使館・総領事館、または、オンライン(90日間有効のシングルorマルチプルエントリーのみ)にて、計画的に事前申請&取得しておきましょう〜!

なお、ハノイ・ノイバイ国際空港やホーチミン・タンソンニャット国際空港をはじめとした国際空港において、インビテーションレター(招聘状)を持つ方に限り、 アライバルビザ(VOA: Visa on Arrival)の発給が実施されています。(2023年時点)

アライバルビザの詳細については変更となる場合があるので、利用する際は必ず『在日ベトナム大使館』等の専門機関にお問い合わせ下さい!

入国審査時にビザを提示しておかないと、勝手に「ノービザ入国扱い(45日間滞在)」にされてしまい、帰国時にノービザの期間を超える不法滞在者と嫌疑をかけられてしまいます。
(実際にそういったトラブルが続出してしまい、現地で問題となりました、、、)

たとえ審査官から提示を求められなくても、ビザは必ず!提示するようにしてください!

審査完了直後には、その場を離れる前に、審査官がパスポートに記入した「滞在許可期限日」が正しいかどうかもダブルチェックするようにしてください!ヒューマンエラーは、無きにしも非ずなので、念のため!

ワークパーミット(労働許可証)

こちらはベトナムで働く方限定となりますが、ビザに加えて「ワークパーミット(労働許可証)」の取得&提示が必要となります!

ワークパーミットは、就労ビザや後述のTRC(テンポラリーレジデンスカード=一時在留許可証)とセットで取得するケースが多いかと思いますので、これら全てをまとめて提示するようにしてください。

特に、TRCは、パスポートに添付されているわけではないので提示漏れしがち!
就労ビザとワークパーミットが添付されたパスポートページと併せて、TRCカードの提示も忘れずに!

\筆者がワークパーミットを取得するまでの奮闘記も公開しています!/

TRC(テンポラリーレジデンスカード=一時在留許可証)

TRCとは、1年以上在留する予定の外国人が取得しなければいけないカードのこと。

こちらのTRCの提示漏れについても、審査官から見過ごされてしまうと、ノービザで入国処理をされてしまいます。

そうなると、次回出国時に不法滞在の嫌疑をかけられてしまうことに繋がりかねないので、TRC提示も必ず行うようにましょう!パスポートとセットで出すようにしてください。

復路航空券または第三国への航空券

審査官から、「復路航空券または最終目的地までの航空券」の提示を求められる場合があります。(特にノービザ入国者)

復路や後続の行き先を証明できるEチケット等をすぐに提示できるように、事前に印刷して準備しておきましょう!

滞在先情報

稀なケースではありますが、、、
審査官から、ベトナムでの滞在場所を聞かれることがあります。

滞在するホテル等の名前や住所をすぐに答えられるように、メモやスクリーンショットで提示できる状態にしておきましょう!

ベトナムの出入国では、「出入国カード」の記入は求められません。

ベトナム入国審査事情:優先レーン(VIPのみ)について

他国の出入国審査では、ファースト・ビジネスクラス利用客は、優先レーンを利用できるケースがありますが、

ベトナムの入国審査では、そういった優遇措置はありません。

ただし、法人のVIPに限り、現地旅行会社経由の申請で有料のVIP優先レーンを利用することができます。

日本本社から重役の方が、視察などでベトナム支店へお越しになることがあるかと思いますが、
そんな時にベトナム支店側は、ぜひ利用したいサービスとなります!

VIPの方を、大行列に並ばせるわけにはいきませんからね、、、(^^;;

VIP優先レーンを利用者は、以下のサービスを受けることができます。

VIP優先レーンの特典
  • 審査場手前にて空港専門スタッフがお迎え&優先カウンターまで案内してくれる。
  • 優先カウンターで出入国審査を受けられるため、行列に並ぶ必要がなくなる。
  • 空港専門スタッフが代わりに荷物を運んでくれるうえ、空港内をエスコートしてくれる。

残念ながら、2013年時点では、一般の方は(たとえファースト・ビジネスクラスを利用していたとしても)このVIP優先レーンを利用することはできませんので、ご容赦ください、、、>_<

(※もちろん、外交官などで公用旅券・外交官パスポートをお持ちの方は、他国と同様に無条件で優先レーンを利用できます。)

まとめ

今回は、「ベトナムの出入国審査事情(ホーチミン・タンソンニャット空港編)」についてご紹介しました!

上記の通り、ベトナムの出入国審査はちょっと特殊で、審査場は混雑しがちです。

だからと言って、混雑緩和に繋がるような、工夫や取り組みは一切行われていないのが現状、、、。

ベトナムの出入国審査は、運が良ければ30分、悪ければ1時間ほどを要しますので(T_T)
その点をご理解いただき、提示すべき書類の事前準備や、行程の調整を行うようにしましょう、、、!

もちろん、今後ベトナムの出入国審査に関してアップデートがあり次第、本ブログにて続報をお届けいたしますね!

※上記は、HORIMIが執筆した2023年11月時点の内容です。最新の内容とは異なる場合がありますので、ご了承ください。

※最新情報については、専門機関にお問い合わせいただきますようお願い申しあげます。

ブログランキング参加中!クリックして応援お願いします♪

1日1クリックできます!記事執筆の励みになりますので、応援クリックいただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
↑にほんブログ村へ飛びます!

ベトナム(海外生活・情報)ランキング
↑ベトナム(海外生活・情報)ランキングへ飛びます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次